風俗行くのに理由は要らない

風俗に行くのは男の本能です!という事を伝えたい体験談です。

とにかくショートカットの女の子が好き

投稿日:2017年2月3日

はい、とにかくショートカットの女性とバックでするのが好きなのです。別にスマタでも、顔射でも、アナルでも、何でも良いのです。バックですから、顔立ちもあんまり関係ありません。美人でなくても、可愛くなくてもOKです。問題は、腰のクビレとかヒップのカタチですね。ここには、かなりこだわりを見せますよ。アダルトビデオに出てくる女優さんのような、抜群のスタイルの女の子とはなかなか付き合うチャンスがないので、デリヘルを呼んだりしますけど、なかなか自分の好みを人に伝えるのが難しいですね。ショートカットは誰にでも伝わるんですけど「細身の女性で」というとガリガリの女の子が来るし、「お尻がおおきい方がイイ」というと、かなりのポッチャリ系のデリヘル嬢・風俗嬢が来たりします。「顔はどうでも良いから」とは言いにくいですけど、本音はそうなのです。こういったフェチなので、バッチリ自分の好みにヒットしたデリ嬢が来た時にはたまりませんね〜。

こんなの無理があるだろ?という女学生コス

熟女の、しかも「若い頃は、カワイイ女の子だっただろうなぁ」という女の人の学生コスはいいですよね。「お仕事で無理に着用しています」という照れた感じがそそるのです。まぁどちらかと言うと、わたしはSな性格なのかもですね。そうなので、デリヘルを使う時には、たいてい学生のコスプレ、それも定番のセーラー服のオプションのある店をできるだけ選びますね。普段はどちらかというと、箱系というかソープランドか、ファッションヘルスでも店舗型のお店に行くことが多いんですけど、あんまりそういうお店ではコスプレを選択しません。デリヘルというホテルの空間(密室)で、エロいことができる時には、何故か熟年女性のセーラー服がベストです。たまにこういう話にノッてくれる風俗嬢もいて、オバサンといって良い年齡ぐらいの人だと、学生言葉を使ってくれたりして、楽しめたりするんですよね。デリヘルというと若い女の子が定番ですが、たまには熟女も良いですよ。