風俗行くのに理由は要らない

風俗に行くのは男の本能です!という事を伝えたい体験談です。

貧乳の「しおり」チャン

投稿日:2016年7月19日

最近デリバリーヘルス某店でハマっているのが、女子大生の「しおり」嬢です。彼女の場合は、ホームページに詳細情報も掲載されておらず、写真も全面モザイク状態なので、知らないお客さんも多いと思います。競争率が上がったら困るので、細かい部分には触れませんが、電話でスタッフの人に「とにかくスレンダー、貧乳を」と懇願したところ、選んでくれた風俗嬢です。でも、これが貧乳という特徴よりも、「美人さん」として登録した方が良いと思うような美形なんですね。いわゆる二重パッチリではなく、涼しげな目元の女の子です。女子大生かどうかはさておき、フェラチオも丁寧でかなりの逸材だと思いますよ。オッパイが小さいことを気にはしているようでしたが、貧乳フェチの自分としてはどストライクのデリヘル嬢でした。あまりにも好みで2度イッてしまったため、話をする時間がなかったですが、最初から最後まで悪い印象はなかったので、しばらくは通い続けると思います。

モザイクがあっても美人だとわかるぐらいのレベル

デリヘルのコンパニオンの写真っていうのは、お店の方針で「できるだけ顔出しOKな風俗嬢を集めている」という場合もありますけど、基本はモザイクとか手隠しじゃないですか。でも、その状況でも「この娘は美人だろ」という雰囲気を持つ女の子って、必ずいますよね。それが、自分の期待以上にヒットだったりすると、風俗マニアなわたしは、思わず顔が緩んでしまいます。当たりクジを引いた!みたいな感じ。先日デリヘルで呼んだ子も、そのタイプでした。でも、美人と他人から言われるのは、かなり慣れているみたいで、わたしみたいに「期待以上の子がきて良かったよ〜」というホメ言葉は、聞き飽きているみたいでした……。プレイの内容は、最初の見た目のインパクトほどなかったです。まぁ、若くて肌もキレイだったけど、ヤルことだけヤったという感じでしょうか。デリヘルでヌイてもらった後で、独りでホテルにいると、ちょっと寂しさを感じてしまい。つい、ふて寝してしまうような体験でしたね。