風俗行くのに理由は要らない

風俗に行くのは男の本能です!という事を伝えたい体験談です。

オンナの子が思っているほど下着に興奮しない

投稿日:2017年3月22日

まだデリヘル嬢になって間もないらしいのですが、この間はやたら、下着アピールの風俗嬢がいました。「この間のお客さんは、ガーターにやたら興奮してた」とか、そういう感じで、見せてくれるのですが、残念ながら、わたしはそういったエロ下着がイマイチ来ないんですよね。せっかくお客のために高価なエロい下着をつけてきたんだから、興奮しろ。みたいな雰囲気になってくると、よけいに萎えてしまいます。あと熟女さんのデリヘルでも似たようなことがありましたね。女性誌などが「男が興奮する下着」とか「彼のココロをつかむ仕草」みたいなのを、適当に書きすぎるんじゃないでしょうか。男性側としては、そんなに下着にハマらない人もいますよね。わたしは、どっちかと言うと、下着よりもコスプレ派ですね。それも、OLとか、あまり特殊じゃないコスが良いです。ナースとかポリスみたいな会う機会の少ない職業のコスプレは、やっぱりあんまりピンと来ませんね。

ナースコスは、似合わない人が似合う

デリヘルだけでなく、風俗嬢全般に言えることですが、いかにも女教師が似合う。という雰囲気の整った顔立ちの人よりも、「ちょっと無理があるんじゃない?」という似合わないコスの方が、妙に興奮します。たとえば、有名なところで言えば「オバサンのセーラー服」ですね。また、「熟年女性のサンタクロースコス」もきます。無理して着用しているところにエロさがあるのです。まぁ、どんなコスも脱がしてしまえば終わりなので、男性なら誰もが着衣のままでプレイしたがりますよね。デリヘルの女の子は、お仕事なので対応してくれますが、実際の彼女とかだと結構脱ぎたがる娘も多いですよね。窮屈な服でエッチをしたくない。という意見から、肌の接触がないとイヤだ。という話まで色々聞きます。でも、そんな変わったタイプの人の中には、エッチの時は常にTシャツなどを着て、汗とかがつかないようにする。という話を聞いたことがあります。何でも前の彼氏がそういう潔癖症みたいな感じで習慣になったみたいですが、なんか寂しいですよね。